価値創造研究センター

情報革命は世の中にある様々な問題に対する解決手段を大幅に拡充させ、新しい価値創造のための手段も与えてくれます。情報科学技術は人類にこれまで想像もつかなかった新しい価値を提供する可能性を秘めています。

本研究科が目指す究極目標は、新しい「情報学」の創造にあります。新しい「情報学」では、自然・人間・社会・人工物を情報の流れを創出するシステムとして統一的に理解します。そして、新しい情報の流れを総体としてデザインし、法・規範や制度・組織・意思 決定までを含む「広い意味での情報システム」を構想・実現します。
求められているミッションを継続的に遂行・発展させていくために情報学研究科附属価値創造研究センターを2017年4月に設置しました。同センターは大学のシーズを価値創造につなげる役割も担っています。
 

活動領域

研究・教育プロジェクト

博士課程教育リーディングプログラム
「実世界データ循環学リーダー人材養成プログラム」

文部科学省 教育研究組織整備概算要求
「情報学部・情報学研究科(仮称)の新設と価値創造研究センター(仮称)の設置」

 

教員

センター長/教授  武田 浩一
准教授       笹野 遼平

 

連携・客員教員

複雑系科学専攻/客員教授
北浦 和夫(量子化学研究協会)

心理・認知科学専攻/客員准教授
小林 哲生(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)

情報システム学専攻/客員教授
大山 博司(オークマ) 佐藤 守一(豊田中央研究所)

知能システム学専攻/客員准教授
中谷 智広(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)

 

 

PAGE TOP