朝日新聞(関西版)記事「京都 脱出か進出化か 動く企業 – 専門知識 大学も力- 」に村瀬洋 情報学部長のコメントが掲載されました。

掲載日:2018年(平成30年)5月8日(火)夕刊
掲載誌:朝日新聞(関西版)
担当者:村瀬 洋 教授(名古屋大学情報学部長)
 
概要:京都に本社を置くメーカーが相次いで首都圏に研究拠点を増設する動きと,
   その一方で,日本文化を肌で感じられる京都に住める魅力を感じる
   外国人のデザイナーやIT技術者が多いことから,
   企業が京都に目をつけて,新しい拠点を設ける情勢を解説した記事において,
   村瀬 洋 教授(名古屋大学情報学部長)から,
   名古屋大学情報学部は,企業が研究者を求めて模索する動きに応えて,
   企業との共同研究や産学連携を積極的に進めることにより,学生を
   世界で活躍できるリーダーに育成していることをコメントしました。

PAGE TOP