フェイクニュースなどの問題に関する現状理解と今後の展望についてシンポジウムを開催します(2019年3月31日開催)

大学院情報学研究科附属グローバルメディア研究センターは、立教大学理学部と名古屋大学アジア共創教育研究機構との共催でフェイクニュースの現状理解と今後の展望について議論をするシンポジウムを開催します。多数の皆様のご参加をお願いいたします。
 
*開催趣旨
 インターネットが普及し始めたとき、人々はそれが「情報を民主化する」ことに大きな期待をかけた。しかし現在、人々はフェイクニュースに翻弄され、フィルターバブルとエコーチェンバーの中で偏った情報・意見に浸ったり、ヘイトスピーチを拡散したりしている。多様な価値観を持った人々が、事実に基づいて、互いを尊重しながら議論ができることが健全な民主主義社会の基盤である。しかし現在、インターネットはむしろその基盤を脅かしているようにも見える。フェイクニュースに代表される、インターネット上に流通する粗悪な情報の問題の要因は複雑である。その正確な理解と適切な対策のためにはインターネットメディアやプラットフォーム、そこを拡散する誤情報やそれを処理する人間の心の仕組みについて、多様なアプローチから研究すること、そしてその知見を共有し統合することが必要だろう。本シンポジウムでは、多様な分野の専門家を招いて、フェイクニュースなどの問題についての現状の理解・分析と、今後の展望と対策について、知見を共有し議論を行なう場を提供したい。
 
*参加申し込み
 ご参加を希望される方は下記のページから申し込みをお願いいたします。申し込みなしでも当日席に空きがあればご参加いただけます。
https://goo.gl/forms/05v9296yEr09kHoy2
 
*日時と場所
 2019年3月31日10時30分から18時
 立教大学池袋キャンパス太刀川記念館
 立教大学池袋キャンパスへのアクセス(リンク)
 立教大学キャンパスマップ(PDF)
 
*プログラム
 10:30 開会のご挨拶(村上祐子、立教大学)
 10:40 本シンポジウム開催趣旨(久木田水生、名古屋大学)
 
 セッション1 「メディアの現場から」
 10:50-11:30 平和博(朝日新聞社)
 11:30-12:10 藤村厚夫(SmartNews、ファクトチェック・イニシアティブ )
 
 セッション2 「フェイクニュースの科学的分析」
 13:00-13:40 笹原和俊(名古屋大学)
 13:40-14:20 高史明(神奈川大学)
 
 セッション3 フェイクニュースへの対策
 14:40-15:20 鈴木秀美(慶応大学)
 15:20-16:00 乾健太郎(東北大学)
 16:00-16:40 奥村晴彦(三重大学)
 
 16:50-17:50 ディスカッション
 17:50 総括とコメント 中村登志哉(名古屋大学)
 18:00 閉会のご挨拶 林秀弥(名古屋大学)
 
*問い合わせ先
 久木田水生(名古屋大学) minao.kukita@i.nagoya-u.ac.jp
 
*共催
 立教大学理学部
 名古屋大学アジア共創教育研究機構
 名古屋大学情報学研究科附属グローバルメディア研究センター
 
*ウェブページ(リンク)
*ポスター(PDF)
 

PAGE TOP